はじめに

現在、コロナの影響から求人数が激減し転職者数が増え、失業率も上がっている苦しい状況が続いています。「転職活動に苦戦している人が多く、焦って転職をして失敗している人が多いのが実情」と話すのは、転職コンサルタントの池田佑樹氏。面談人数2000人以上、300社以上の転職支援をしている彼が、転職で失敗する人の特徴を3つ解説します。


転職失敗する人の特徴① 転職理由が明確でない人

転職失敗する人の特徴1つ目は、転職理由が明確でない人です。転職理由が明確ではないということは、転職のゴールがないということです。

ゴールを持たずに転職をした場合、あなたにとってのその転職が良かったのか? 悪かったのか?

基準がないため、その判断ができません。転職理由を明確にしないということは、行き当たりばったりな転職となり、転職後に「転職先を間違えた」と後悔してしまうリスクを高めてしまいます。例えるなら、転職理由を明確にしていない人は、地図を持たずに宝探しをしているのと同じ。宝が何かも分かっていない状態です。

転職活動する前に、必ず転職理由を明確にしてください。転職を明確にするということは、「転職先で何を叶えたいのか」を考えることと同義です。

転職先の理想について挙げれば、キリがありません。しかし、あなたの希望を全て叶える転職先はおそらく存在しません。

だからこそ、これから仕事をしていく上であなたにとって何が幸せなのか? 少なくてもベスト3位までは明確にしましょう。そして、その中でも2つが叶えられていれば良しとし、75点以上のオファー獲得を目指しましょう。

なぜ転職をしたいか? 次の転職先で何を叶えたいか?

ここを言語化できるにようにし、転職理由を明確にしましょう。