はじめに

各地で混乱、サーバーダウンも

大阪府のプレミアム付き食事券の販売スケジュール。申し込みが殺到した。(GoTo Eat OSAKA公式HPより)

東京都のプレミアム付き食事券は都民以外も購入できるため、千葉や神奈川から都内に通勤する人や東京への旅行を予定している人など、多くの人が購入すると予想されます。先行して発売している他府県では争奪戦になるなど、混乱も起きています。

全国に先駆けて10月5日から発売された新潟県では、食事券を求めて長い列ができました。大阪府と京都府では10月7日にオンライン事前予約が始まりましたが、申し込みが殺到。大阪府では、チケットの用紙が足らず発券できないトラブルも発生しました。

愛知県でも即日完売し、電話受付もなかなかつながらない状況となりました。SNSには「サーバー落ちてる」「買えなかった」など、次々と悲鳴が投稿されました。激しい争奪戦になっているのには、自治体の人口差に発行額が見合っていないという背景もあるようです。

ほしい人は販売方法など情報収集を

ただできるだけ多くの人に行き渡るよう、各自治体は複数回に分けて販売したり、はがきでの申し込み制にしたりするなど対策をとっています。初回の発売日は注目が集まるため混乱が生じがちですが、2回目以降の発売では少し熱も冷めます。まだ詳細は発表されていませんが、東京でも対策が講じられる予定です。

GoToイートキャンペーンは、コロナで苦しむ飲食店の支援になるほか、外食の楽しみを再認識する機会にもなります。今後食事券の利用可能店舗も公表されますので、行きたいお店がないかチェックして、発売を待ちましょう。