はじめに

新型コロナの感染拡大によって全世界の自動車販売が落ち込む中、中国では9月の新エネルギー車(主にEV、一部プラグインハイブリッド車と燃料電池車を含む)の販売台数が前年同期比67.7%増の13.8万台と、3ヵ月連続で2ケタ以上の高成長を維持しました。

昨年末に上海で現地生産を開始した米国のテスラが最大の市場シェアを誇っているほか、国産のEVメーカーも急速に販売台数を伸ばしており、中国では有力メーカーがひしめく「EV戦国時代」に突入しようとしています。今回は、注目度が高い中国の新興EV三社である蔚来汽車、理想汽車、小鵬汽車についてご紹介したいと思います。


ブランド戦略に巧みな蔚来汽車(ニオ)

中国の新興EV三社の中で最も勢いがあり、かつ販売台数が多いのは蔚来汽車(ニオ)です。同社は自動車情報サイト「ビットオート」の創業者である李斌氏が2014年に設立したEVメーカーで、2018年9月にニューヨーク市場で株式上場を果たしました。蔚来汽車の主な特徴としては、1,高級車路線を目指している、2,バッテリー交換方式を採用している、3,EVを他社に製造委託していることが挙げられます。

このうち1について、同社は2014年にEVによるフォーミュラーカーレース「フォーミュラーE」に参戦したり、2017年にスーパーEV「NIO EP9」でドイツのニュルブルクリンク北コースで世界最速タイムを記録したりと、積極的にブランド戦略を展開することで高級車のイメージを消費者に植え付けています。

そのため、同社が販売しているSUVタイプの「ES6」、「ES8」、「EC6」の価格は35.8万元~55.8万元(約560万円~870万円)と中国の競合他社よりも高い価格設定となっています。

無料のバッテリー交換サービス

2について、同社はEVが長距離走行に向かないことや充電時間が長いことに着目して、EV購入者に無料のバッテリー交換サービスを提供しています。現在、同社は中国全土に155箇所のバッテリー交換ステーションを展開しており、約3分程度で自社製EVのバッテリーを充電済みのものに取り換え、充電時間を節約してすぐに走行できるようにしています。このバッテリー交換サービスは非常にコストがかかる反面、顧客の満足度とブランドイメージの向上に寄与しているため、同社は先行投資と考えて今も継続しています。