はじめに

定年退職をしたあとも、65歳くらいまでは再雇用などで働いている人がほとんどです。さらに、2021年4月から企業は、70歳までの就業の機会確保というのを努力義務付けられました。

では、実際に定年退職をしたあと、いつまで働けばいいのでしょうか?

アンケートなどをみると、できるだけ働きたいと言う人が圧倒的に多いのです。内閣府の「高齢社会白書」(平成29年度版)によると、現在仕事をしている高齢者の約4割が「働けるうちはいつまでも」と回答しています。そして70歳くらいまでと回答している人をあわせると約8割の人が高い就労意識を持っています。

どうして70歳まで働こうと思うのか。その理由については、内閣府の「老後の生活設計と公的年金に関する世論調査」(平成31年)のデータを見てみましょう。

「経済的にゆとりのある生活を送りたいから」と言う答えが1位で約29%、次が「働き続けないと生活費が足りないと思うから」が2位で約25%です。こうみると約半数の人が、経済的な理由で長く働きたいと思っているようです。経済的な理由がない人は働かなくてもいいのか? そこで、長く働くことのお金以外のメリットはあるのか、また、高齢者向きのあたらしい働き方についての提言をしたいと思います。


老後資金をまったく心配していなかったAさんが選んだ道

私は、定年前後の人を中心とした取材をし、お話しを伺ったりしています。その中で印象的だったのが、Aさんです。Aさんは、日本を代表する大手企業の子会社の代表まで勤めて、60歳の定年でスッパリと仕事を辞めたそうです。定年後は何をしようかとあまり考えず、働く予定もなく退職しました。

とにかく、退職前の数年間は、とても忙しくて自分の将来について考える余裕はありませんでした。「退職後は、何も考えないで、とにかくゆっくりしたい」気持ちしか持てなかったそうです。そのためあえて退職後の再就職も選ばなかったのです。

定年後の生活費や、老後資金については、まったく心配ありませんでした。退職金や企業年金を受け取ることができ、それなりに貯えもあったからです。

楽しかったのは2ヵ月まで?

最初の1ヶ月・2ヵ月はじつに楽しかったそうです。月に100万円位使って、旅行や趣味、そして友人に会ったりして、とにかく遊び回りました。でも楽しかったのは2ヵ月ぐらいまでです。3ヵ月目に、「これじゃダメだ!」と感じました。そこで、つてを辿って仕事を探したそうです。5ヵ月目から仕事に復帰して、現在は65歳で、ベンチャー企業の顧問などを4社掛け持ちでしています。

実際に、働いているのは週に3日間ぐらいですが、とても充実した生活を送られているそうです。しかも、「70歳ぐらいまでは、この仕事を続けていきたい」という意欲をもって働いています。