はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、54歳、派遣社員の女性。派遣社員の相談者と自営業の夫で、二人の子どもの学費を支払ってきましたが、自分たちの老後の準備は全くしていないとのこと。今から何をするべきでしょうか? FPの坂本綾子氏がお答えします。

老後について全く準備が出来ていない。

蓄えも夫任せにしていたら、夫婦で何も準備していなかった。その場その場で、やったきた感じです。子どもはどちらも学生。仕送りもしているが、本人たちも少しバイトをしている。個人事業主なので、収入はまちまち。震災や災害被害で、ここ数年収入は不安定。ローンなどの借り入れは0だが、収入は普通預金に入れっぱなしの状態です。主人の仕事柄、お金の動きも流動的なので。

【相談者プロフィール】
・女性、54、派遣社員、既婚
・同居家族について:夫(56歳)、自営業
・子ども19歳、23歳(ともに学生・別居)
・住居の形態:親類名義の一戸建て
・毎月の世帯の手取り金額:約50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:0
・毎月の世帯の支出の目安:50万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:15万円
・保険料:4万円
・通信費:6万5,000円
・車両費:16万円/月(2台分)車検月除く
・お小遣い:1万円
・その他:18万円仕送り合計/月

【相談者プロフィール】
・毎月の貯蓄額:0
・現在の貯蓄総額:300万円
・現在の投資総額:0
・現在の負債総額:0

坂本:ご相談、ありがとうございます。収入が不安定にもかかわらず、子ども2人の教育費を払いながら、借金ゼロは偉いです。相談者さんは、感覚的にバランスをとってきたのだと思います。子育てにゴールが見えてきて、50代半ばとなった今は、老後を見据えて家計を見直すのによいタイミングです。