はじめに

新型コロナウイルスで雇用不安が広がり、給与減や失業リスクを分散しようと副業を始める人が増えています。

副業選びにはコンテンツ販売、ワークショップ講師、写真撮影代行など、クリエイティブな職種が注目されがちですが、一般事務職の経験があれば、すき間時間に自宅のパソコンで事務や経理の仕事を受注するという選択肢もあります。

では、在宅で事務や経理を始めるには、どのようなスキルやツールが必要なのでしょうか。在宅ワーカーや女性起業家向けのセミナーを主催するウーマンネット株式会社の曽根典子さんに教えていただきました。


「副業」か「複業」か…多様化する働き方

曽根さん自身、二児をもうけたことをきっかけに、正社員で約15年間働いていた外資系大手IT企業を辞め、リモートワークやオンラインミーティングを活用したパラレルキャリアの道を歩んでいます。

「私はコロナ禍のタイミングではなく、ライフステージの変化で必要に迫られる形で今の働き方を選びました。結果的に、子どもを見ながら自分の自由な時間も持つこともできています」(ウーマンネット株式会社 曽根典子さん)

だからと言って副業を持つことを全面的に推奨しているわけではなく、副業を始める動機や目的を考慮した方がいいと言います。

「在宅事務や在宅経理の時給の相場は1,000円〜1,200円程度。業務委託は受注する仕事量に波があるので、収入は不安定です。収入面では派遣社員などを検討した方が安定しますし、報酬も高いんです」(曽根さん)

曽根さんによると、本業に対する副業の位置付けは大きく分けて2つ。本業で得られる給料に加えてプラスアルファの収入を得る“サブ”としての『副業』と、さまざまな仕事に挑戦する意欲があり、複数の仕事をかけもちするパラレルキャリアという意味合いの『複業』です。

副業が自分のライフスタイルに合う働き方なのかを、まずは検討してみても良さそうです。

ウーマンネット株式会社 曽根典子さん