はじめに

「億万長者になりたい人は多いと思います。しかし、『この3つだけ実践すればなれる!』といった簡単なステップはありません。もしそんなことをいう人がいたら信じてはいけません」。こう語るのはウォール街で働いた経験を持ち、投資系YouTuberとして著名な高橋ダンさん。では、お金持ちでない人が、お金持ちになるための「第一歩」とは何でしょうか? 著書の『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』から抜粋して紹介します。


多くの資産を占めるのは「株式」

私はデータが好きなので、みなさんにデータを紹介しましょう。日本ではあまり見かけない国際的なデータです。それをどう解釈するかはみなさんにお任せします。最終的な判断は一人ひとりがすべきだと考えるからです。

さて、億万長者になるには、世界のお金持ちの状況を知る必要があります。まずお金持ちの定義についてです。私が世界を回ってきた経験上、「金融資産1億円以上」の人はお金持ちだと考えていいと思います。ドル建てにすれば約100万ドルです。

世界のお金持ちのデータを見ると、多くの人が資産1億~5億円の範囲です。90%以上の人がこの範囲に入っています。5憶円以上を持っている人は、世界にもあまりいないのです。そのお金持ちはどんな資産を保有しているのでしょうか。

「Spectrem Group(2019)」と「U.S.Trust 2018 Insights on Wealth & Worth」のデータを参照にすると、たとえば、資産約1億〜3億円の人の資産の58%、つまり半分以上は投資資産です。続いて自宅用不動産が18%です。

では、投資資産の中身はどうなっているでしょうか。最も大きいのが株式です。続いて、債券、現金、オルタナティブ資産(不動産、コモディティ、未上場株など)となっています。

ここで大事なのは、「世界のお金持ちの多くの資産を占めるのは株式」ということ。つまり統計的に考えれば、株式投資をするのがお金持ちへの近道となります。