はじめに

12歳から投資を始め、ウォール街で働いた経験を持ち、投資系YouTuberとして著名な高橋ダンさん。そんなお金のプロが教える、投資で利益を出すルールとは何か? 前回前々回にひき続き、著書の『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』から抜粋して紹介します。


私は12歳から現在までの23年間、投資を続けています。23歳以降は固定給を受け取っておらず、運用で得た成果報酬と個人財産を投資したパフォーマンスで生活をしています。

情報の全てを「深掘り」しない

その経験の中で、世界のお金持ちの方法論も取り入れた結果、投資で利益を出すための法則をいくつか見つけました。それを整理していくと「5つ」に絞られました。ここでは「投資で利益を出す5つのルール」を紹介します。なお、私は「短期売買=取引」「長期運用=投資」と考えていますが、いずれの手法でもリスクがあります。そのリスクをいかに抑えるかが重要です。

【ルール1】情報をできるだけ集める
取引と投資の世界では「情報は武器」です。武器が多いほど選択肢が増え、判断が正確になります。金融市場は、言ってみれば“戦場”です。基本的に、誰かが1円稼いだときには、他の誰かが1円を失っているからです。これを「ゼロサムゲーム」といいます。

この“戦場”を生き抜くために、どのように情報を集めればいいのか。私は毎日『日本経済新聞』『ブルームバーグ』『トレーディングエコノミクス』『CNBC』といった約10の新聞やネットメディアをチェックしています。

このときのポイントは、時間をかけすぎないこと。報道されるニュースを一つひとつ深掘りしていったら、どれだけ時間があっても足りません。なので私は、まず「見出し」をチェックし、気になったものを詳しくチェックするようにしています。