家計簿の使い方から資産運用の考え方、みんなのリアルなお金管理術を紹介!<PR>

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、55歳、会社員の男性。離婚をして、ひとり暮らしに戻った相談者。生活費と養育費で貯金がどんどん減っているといいますが、老後破綻を避けるためにどんな対策をとればいいでしょうか? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

次男の大学入学を機に、妻と離婚しました。今までの家事負担が原因でしたが、特に慰謝料などは発生しなく、財産は二分しました。

生活費については互いに収入があり、離婚後も生活費の心配はなかったのですが、長男、次男は妻の元から学校に通うというので、それぞれが大学を卒業するまでの間、養育費として月に10万円払うことになりました。本来は成人まででも良いと思うのですが、それが親の務めと思ったのです。

突然の一人暮らしで毎月の支出のやりくりもわからず、かつ、人恋しさから酒の量が増え、外で友人と飲み歩くことも多くなり、気がつくと毎月赤字です。今までは元妻と手取り収入を合わせ、月に100満弱の収入があったのですが、その時の感覚が忘れられていないのでしょう。

長男の学費は元妻が負担するので、私は次男の学費を払うのですが、それでボーナスはほぼなくなります。毎月の赤字を補填するには貯金を崩さなくてはならないので、この歳で貯金を減らして良いものなのかと考えています。

老後資金は2,000万円必要だと言います。元妻と分けた貯金は1,400万円ありましたが、1,200万円ほどになってしまいました。退職金は1,000万円ほど出る予定ですが、今のままでは定年までに2,000万円を残しておくことが難しいのではないかと思っています。

支出を減らせば良いというのはわかるのですが、どこを減らして良いか、検討がつきません。アドバイスをいただけないでしょうか。

【相談者プロフィール】
・男性、55歳。会社員
・元妻(53歳会社員)、長男(大学3年生)、次男(大学2年生)
・毎月の手取り世帯収入:51万8,000円
・年間の手取りボーナス:約150万円
・貯金:1,400万円
・毎月の支出の目安:61万6,000円

【支出状況】
・住居費:14万5,000円(家賃)
・食費 :9万7,000円
・水道光熱費:1万8000円
・通信費:1万4,000円
・生命保険料: 2万7,000円
・日用品代:2万2,000円
・教育費:1万5,000円
・自動車関連費:2万3,000円
・被服費: 1万8,000円
・交際費:8万3,000円
・嗜好品:2万4000円(酒)
・養育費:10万円
・その他:3万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ