はじめに

テクノロジーの進化に伴い、仕事探しはとてもしやすくなりました。スマートフォンがあれば、いつでもどこでも空いた時間に求人検索することができます。

もっと高い給与が得たい、新しいキャリアを積みたい、かつて従事した職種に戻りたい…仕事探しの動機は人それぞれです。

しかし、希望条件を吟味していざ検索してみると、なかなか思うような求人に出会えません。そこで、少しずつ条件を外していくと希望する仕事に近いものに出会えることがあります。


短時間勤務不可で応募断念7割

職種、仕事内容、勤務地、給与などあらゆる希望に合致する求人を見つけ、これだ!と思ったものの、勤務時間を確認してみると9:00~18:00や残業あり、と書かれている…。

もし長期安定的に正社員と呼ばれる働き方を選びたいと思っても、その大半はフルタイム勤務が前提です。その条件で働ける人には何の問題もありませんが、仕事と家庭を両立させたいと考える“働く主婦”層など、時間の融通を利かせたい人にとっては、完全在宅勤務でも認められない限り、応募不可の求人となってしまいます。

しゅふJOB総研で、働く主婦層に「就職活動の際、求人条件にスキルも経験も合致するのに短時間勤務が不可だったために応募を断念した経験はありますか」とアンケートをとったところ、以下の結果となりました。短時間勤務とは、1日5時間など、フルタイムと比較して勤務時間が短いことを指します。(n=766)

「ある」と回答した人が、実に7割を超えています。「求人条件にスキルも経験も合致する」人が、短時間勤務ができないという理由だけで応募自体を断念しています。

会社で決められた勤務時間にみんなが合わせるのは当然、という考え方が一般的なのかもしれません。しかし、もし応募を断念した人が、普通なら8時間かかる仕事を4時間でこなせてしまうスキルの持ち主だったらどうでしょう?生産性2倍の優秀人材からの応募を逃してしまっていることになります。

アンケートのフリーコメントには、「結局フルタイムでないと仕事が見つからないため無理をして仕事につくか働くのを諦めるかの選択になりがち」「経験やスキル等が合致していても『通勤に時間が掛かる』応募は泣く泣く見送っている」「残業前提の採用には疑問を感じる」などの声が寄せられていました。