はじめに

早いもので激動の2020年も終わろうとしています。今年は世界中に新型コロナウイルスの感染が拡大し、一時はパニック状態となりました。ワクチン摂取や有効な治療薬の登場など一刻も早い収束を祈るばかりです。

株式市場にとってはどんな1年だったでしょうか。今回は2020年の新型コロナウイルスと株式市場を振り返ります。


新型コロナに振り回された2020年株式市場

2020年の年明け頃から徐々に「新型ウイルスの感染者が出ている」といった報道が出始めました。ところが、当初株式市場は大きなリスクだとは認識せず、株価は堅調に推移していました。

2月後半には「これはもしかすると大変なことではないか」とマーケットが気づいたのか、株価は大きく調整を始めます。そして世界中で感染者が爆発的に増える事態となり、3月中頃にかけて株価は大暴落しました。

日経平均を例に取ると、2019年末時点では23,656円だったのが2020年1月末時点で23,205円、2月末時点で21,142円、安値を付けた3月19日時点では16,552円まで下落しました。年末に比べるとわずか3ヶ月で日経平均は30%も下落したことになります。

世界各国で感染に歯止めをかけるためロックダウン(都市封鎖)等が行われ、人や物の移動が制限される事態となりました。日本でも緊急事態宣言が行われ、移動の自粛が要請されました。世界経済が完全に麻痺し、リーマンショック級の経済危機に発展するのではとの懸念が高まりました。

こうした状況を受け、経済危機を食い止めるために世界各国が未曾有の財政支出に踏み切りました。米国、欧州、日本などが大規模な世界各国の財政支出の合計は1,200兆円以上に達しています。

また、各国の中央銀行もこれまでに類を見ない大規模な金融緩和に踏み切りました。米国のFRB(連邦準備理事会)は「無制限の量的金融緩和」を打ち出し、リーマンショック後を遥かに超える規模の金融緩和を現在も行っています。

各国の対応が奏功したこともあり、株価は急速に値を戻しました。4月に入ると日経平均は2万円台を回復し、その後も堅調に推移しました。12月に入って27,000円を窺う水準まで上昇していることはご存知のとおりです。