はじめに

「転職で気をつけろ!業界のブラック」6つの大学でキャリア教育・就職支援の講師をしている筆者が「ブラック企業を見つけることも大切だけど、業界のブラックも考えて欲しい」という視点で取材をしています。今回は製造業のブラック業務について。製造業にある「これは辛いな~」という出来事を皮切りに見えてきた、表裏一体の良いところ・悪いところをお届けします。


「不良品が出た」って話にぞっとします…

取材を行ったのは精密機器を作っているメーカーに勤める30代・企画担当の男性。産業機械などの動力部品になる機器を作っている会社に勤めています。普段の仕事は新規事業の企画や販売戦略作りで、国内外の関係先との連絡をいつも行っています。

「生産部門から不良品が出た、という話が回ってくると『また来るな』と落ち込んでしまいますね……」という話に興味がわきました。メーカーは、原材料を加工して製品を作っていくのですが、作ったもの全てが全て完璧にできるというわけではないそう。作るのに失敗してしまったり、完成したあとに性能を満たしていなかったりすると、「不良品」となってしまうことが多々あるそうです。

一定数の不良品が出てしまえば、もちろんその穴埋めをしなければいけません。お客さんへの納品数・日時はもちろん決まっていますから、不良品の数だけ作り直す必要があります。ただ、工場と言うのは基本的な生産量が定まっていて、それを作る人の数ももちろん決まっています。となると、イレギュラーな生産に対応する力が無い時があるのです。

じゃあどうするか、「生産応援(または工場応援)」という名目で営業・マーケティング・経理・総務といったあらゆる非生産部門から人手を出して穴埋め生産をすることになるのです。部署のメンバー全員で分担をしてヘルプに行くので、半日から1日程度ではありますが、これが意外に辛い……。もちろん製造ラインの仕事は慣れていないので簡単な作業を担当することになるのですが、慣れない仕事でずっと立ちっぱなし。何より、普段自分が担当している仕事が全くできなくなるわけなのでたまったもんじゃありません。