はじめに

「ケインズの美人投票」で取り上げた経済学者のケインズですが、実は株式投資で大損をしていたそうです。結局、経済学的な観点から株式投資を論じてもうまくいかなかったのです。

また、ノーベル経済学賞を受賞した研究者を集め、金融工学を駆使して大きく収益を上げたヘッジファンドが、その後破綻したという例もあります。投資、投機の世界はこんなにも一筋縄ではいかないものです。


思惑が外れたときにどのように対処するか

そういう筆者も何度も大きな損失を被ったこともあります。口では百戦百勝と言っても、何度も躓きながら投資をしています。自分の考えているように相場は動かない、逆に自分の思うように動いてくれることは少ないと考えた方がいいかもしれません。

だからといって、サイコロを振って運を天に任せて投資をしても、そう簡単に儲けられるほど相場の神様は甘くはありません。努力をすればいいのかというとそうでもなく、勉強してもダメなときはダメなのです。

では、我々は何をすればいいのでしょうか。相場に立ち向かうのではなく、相場にうまく乗るということです。当たり前といえば当たり前のことですし、それができれば苦労はしません。

そして、相場でうまく利益を上げていくのに大切なのは、「損をしない」ということに加えて、「損をいかに小さくするか」ということです。自分の思惑が外れたとき、「相場が間違っているんだ」と自分の思惑、考えに固執していると、どんどん状況は悪化します。身動きが取れなくなってしまいます。