はじめに

2020年も残りわずかとなりました。今年の株式市場は新型コロナウイルスの世界的流行により、年初に2万4,000円近辺で推移していた日経平均株価は3月に一時1万6,000円台まで下落。しかしその後は各国の金融緩和により株価は急激に回復し、日経平均株価も11月以降にバブル以来の高値を29年ぶりに更新。株価が上下に大きく振れる1年となりました。

波乱の中でも活況に沸いた2020年の相場で、個人投資家の注目を浴びた銘柄は何だったのでしょうか。今回はスマートプラスのコミュニティ型株取引アプリ「STREAM」内の掲示板での銘柄別コメント数のランキングから2020年の個人投資家の関心を紐解こうと思います。

※紹介するコメントは原文のまま表記しています。


幅広い銘柄に注目が集まる

まずは15位~6位までを見てみましょう。昨年同様、オリックスや日産自動車など高配当や優待で有名な銘柄は安定して多くのコメントを集めていました。特にこのような大型株は初心者にも人気があり、初めて購入したという投稿も見られたのが印象的です。

【オリックスについて】
本日めでたく22歳の娘の初優待銘柄となりました。
優待が好条件のまま,ずっと続きますように。
オリックスさん,頑張ってね
(ほたるさん、35いいね)

また、今年8月に新規上場し一時公開価格の10倍まで上昇し注目を集めたティアンドエスや、eコマースプラットフォームを展開し、3月の安値から一時20倍以上まで上昇したBASEなど、市場で注目を集めた銘柄もランクインしました。

このような値動きの激しい銘柄の掲示板には、ベテラン投資家から初心者へアドバイスの投稿が見られていました。このようなコミュニケーションもコミュニティ投資の特徴と言えます。

【BASEについて】
株式投資を甘く見てはいけません!恐ろしい展開に右往左往しない覚悟が無ければ、傍観している方が良いくらいです
丁半博打にさも似たり と言うのが長年相場変動を見て来た私の感想です。
夢も希望も無い様な話でごめんなさい(^-^;それほど生き残る事が難しいと言うお話でした
(生々流転さん、62いいね)