<PR>新電力に切替えで「マネーフォワード ME」のプレミアム機能が無料!

はじめに

「景気ウォッチャー調査」では2020年1月調査に初めて「新型コロナウイルス」という言葉が登場しました。それ以降、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が景況感に大きな悪材料となっています。

年末の風物詩にもコロナの影響が色濃く現れました。「新語・流行語大賞」は「3密」に決まり、2020年の「今年の漢字」には「密」が選ばれました。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ