はじめに

家電の買い替えの際に「省エネ家電」を選ぶ

家にいる時間が長いため、家電を買い替えるという話もよく聞きます。実は家電を買い替える際に「省エネ家電」を意識して選ぶことで、その後のランニングコストが抑えられます。

環境省のサイトによると、「省エネ家電」に買い換えると、以下のように電気代の削減効果があるのだそう。
●テレビ…8年前と比べて、-32%
(2010年の32V型液晶テレビと2018年の32V型液晶テレビの比較)
●電気冷蔵庫…10年前と比べて、-43%
(定格内容積401~450Lの10年前冷蔵庫と最新冷蔵庫の比較)
●照明器具…電球をLEDに替えると、-85%
(ほぼ同じ明るさの一般電球と電球型LEDランプとの比較)
●エアコン…10年前と比べて、-4%
(冷暖房兼用・壁掛け形・冷房能力2.8Kwクラス、省エネルギー型の代表機種の単純平均値)
●温水洗浄便座…10年前と比べて、-33%
(2008年の製品と最新の製品の年間消費電力量の比較)(瞬間式)。節電機能をしようした場合)

省エネ家電に切り替える際には、環境省の省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」のサイトをチェックするのもおすすめ。使用中の製品と購入予定の製品の情報を入力することで、電気代などの比較ができるツールがありますので、ぜひ試してみてください。