【お金のお悩み募集中】家計、住宅ローン、老後資金…読者の悩みにFPが回答!

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、35歳、会社員の男性。インフレなどの通貨危機への対策には何が有効か知りたいとのこと。どのような方法があるのでしょうか? FPの伊藤亮太氏がお答えします。

ドルや日本円の通貨危機(急激なインフレも含む)に対する対策が知りたいと考えております。

コロナ禍の現在、対策として、仮想通貨や、金、不動産などのコモディティ商品の投資割合を増やしています。円やドルの通貨不安や急激なインフレ下において、リートなどの不動産投資信託は有効でしょうか? また株もインフレに強いと判断してよいでしょうか? 仮想通貨、金、住居用不動産以外にインフレなどの財政危機や通貨危機に備えて資産配分先として考慮すべきものがあれば教えてください。

資産配分以外にも一般人でも考えられる対策があればご教示いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。老後は現在の年金受給が続く場合は3,000〜4,000万円は必要と考えております。

【相談者プロフィール】
・男性、35歳、会社員、既婚
・同居家族について:本人と妻(37歳)の二人暮らし。私:会社員(SE)、月収:29万円(IDeco差し引いた税引き後)・年収650万円程度、妻:会社員(非公表)・年収500万円程度、月収不明。今後子供が生まれた場合は時短勤務により年収380万円程度になることを想定しています。親の介護等や家族の病気はありません。
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円(iDeCoや企業型DC除く)
・年間の世帯の手取りボーナス額:280万円
・毎月の世帯の支出の目安:50万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:12万8,000円
・食費:12万円
・水道光熱費:1万6,000円
・教育費:2万円
・保険料:1万7,000円
・通信費:5,000円
・車両費:2マン円(カーシェア、駐輪場維持費含む)
・お小遣い:毎年210万円、貯蓄と投資し残りを自由に使えるとしています。
・その他:サブスクリプション1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0
・ボーナスからの年間貯蓄額:210万円
・現在の貯蓄総額:800万円(投資額含む)
・現在の投資総額:250万円
・現在の負債総額:3,300万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ