はじめに

この秋に発売になったApple(米)のスマホ「iPhone12」の販売が好調なようです。iPhone12はAppleで初の5G対応スマホで、4眼カメラなど新たな技術が搭載されたほか、コンパクトな「mini」も登場した点などが注目されています。

ディスプレイに関しては、2019年発売の「iPhone11」では上位モデルのみであった有機ELパネルをiPhone12では全モデル搭載になったことも話題です。この有機ELとはいったいどういった技術なのでしょうか。


現在の主流、液晶ディスプレイの弱点とは

現在、スマホやテレビで最も普及しているのは液晶ディスプレイです。スマホでは6割以上、テレビにおいてはほぼ全てが現状では液晶ディスプレイ方式と推察されます。

液晶ディスプレイは電圧を加えて液晶粒子の向きを変え、これによりバックライト光の透過/遮断をコントロールする仕組みです。簡単に言うと、微細なシャッターを開閉させることにより画素を表示するというものです。この画素数は8kテレビでは横が約8千、縦が約4千にもなりますので、一つ一つの画素は非常に細かくなります。

液晶ディスプレイの弱点は、シャッターの間から光漏れを生じやすいため深みのある黒表現が難しいことや、シャッターの開閉に多少の時間がかかるため残像が残りやすいことが挙げられます。

1_有機ELの本格普及はこれから