はじめに

もし「月収20万円、貯金ゼロ」だったら?

――確かに旅行やブランド品に10万円を使うのは平気なのに、投資に10万円をつぎ込むのは怖く感じるかも……

やっぱり、減るのが嫌なんですよね。10万円得した時と損した時を比べると、心理学的に損した方が2倍の苦痛を感じます。増える可能性より「損したくない」が強く作用するんですね。

ただ、多くの人は投資をしているんです。「貯金」という投資です。

これは効率の悪い投資で、今や金利0.001%ほど。「貯金は減らないから安心」と言いますが、ちょっと待って欲しいです。もし投資をすれば、100万円が130万円になるかもしれない。対して、貯金で増えるのは1年でたったの10円です。その差額は、銀行に預けている人にとって“機会損失”ですよね。

――増える可能性がない、という意味ではその通りですよね。

額面が変わらないからと安心するのも実は危険な一面があって、同じ金額でも相対的にお金の価値は落ちるかもしれません。インフレや円安があるからです。物理的に減らないからといって貯金しか資産がないのはもったいないことだと思います。

――よく言われる「貯金のリスク」ですね。

はい。もちろん投資は詐欺も多くて、怖くなる気持ちはわかります。いいイメージを持たない人も多いですよね。当然、資産が減る可能性もあります。ただ、海外の映画を見てよく思ったのは、投資家ってもっとかっこいい存在のはずだと(笑)。

学生時代にふと調べたのですが、一代で資産を築いた人のほとんどは株を持っているんです。ビル・ゲイツやイーロン・マスク、アマゾンの共同創設者ジェフ・ベゾスなど。資産ランキング上位の人は例外なく株を保有している。実はそれが株を始めたきっかけでした。

――そういうことですね。ちなみに、もし遠藤さんが「月収20万円、貯金ゼロ」だったら、どうやって資産形成しますか?

毎月の生活費を10万円以下に抑えて、残りは貯金せず投資に回します。さらに、月収20万円では資産形成のスピードが遅いので、副業を始めて収入を増やします。でも生活費は10万円以下のままにして、増えた分のお金はひたすら投資に回しますね。

――収入を増やす……ですか。でもそれって簡単ではないですよね?

もちろんです。ただ、これも“考え方”が重要です。実は今日の話と結びつくんですね。投資と収入の増やし方は、相通じる部分があるんです。


遠藤さんの言う「お金の使い方と収入の増やし方の共通点」とはなんでしょうか。次回伺います。

※この記事は投資を推奨するものではありません。投資はリスクを理解した上で行うようにしてください。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。