<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、28歳、専業主婦の女性。第一子を妊娠中の相談者。夫から生活費16万をもらい、貯蓄までするように言われていますが、貯金額も増やしたく、金額に不満があるといいます。FPの坂本綾子氏がお答えします。


産まれる子どもの教育費や将来の住宅購入資金、老後資金がこのままで足りるのか不安。また、主人から貰っている16万円の生活費から貯蓄もするように言われているが、主人の収入からするともっと貯金したい。私は妊娠中の悪阻で派遣社員を退職。子どもが保育園に入れれば、将来的にはパートで働く予定。

【相談者プロフィール】
・女性、28歳、既婚、専業主婦(第一子妊娠中)
・同居家族について:夫(29歳、 ディベロッパー会社員)
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:35万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:60万円
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万円
・食費:3万円
・水道光熱費:2万円
・保険料:2万円
・通信費:5,000円
・お小遣い:夫不明、 妻1万円
・その他:日用品1万円、飼い犬関連1万円
・毎月の貯蓄額:8万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0
・現在の貯蓄総額:共同貯金280万円、妻個人500万円(妻の老後資金予定)、夫個人不明
・現在の投資総額:妻のつみたてNISA 35万円
・現在の負債総額:住宅ローン約3780万円(2019年〜)、残債不明
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ