【マネーフォワード School 】不動産投資のプロと実践で学ぶ!詳しくはこちら<PR>

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、51歳独身の会社員の方。キャッシュレス決済を多用しているうちにいくら使っているかわからなくなり、気づけば貯金が目減りしているという相談者。定年まであと10年で老後資金を貯められるか心配されていますが……。FPの横山光昭氏がお答えします。

新型コロナウイルスの影響で働き方が変わり、収入が大幅に下がりました。また、いま住んでいるマンションも他の部屋の売値を見ていると価格が下がってきているので、もしかすると将来的な価値が無くなってしまうのかもしれません。老後どうなってしまうのかと心配です。

というのも、マンションを購入して住まいを確保していれば、老後資金は生活費だけで十分でしょうし、退職金と年金があれば十分だと思って貯金はあまり意識してこなかったのです。万が一、資金不足になるなら、マンションを売って生活費にしようと、値が下がりにくいマンションを探して購入したはずでした。

そして現状は、毎月赤字の状態です。ずっと独身で一人暮らしのため、極端に生活費はかからないと思ってきました。ですが赤字ということは使っているということでしょう。キャッシュレス決済が便利なので交通系電子マネーをよく使うようになってしまったので、毎月いくら使っているのかはわかりません。ボーナスもありますし、お金が残る状態ではあると思っていたのですが、最近は預金残高が減ってきています。今のままでは、老後貧乏、老後破綻となってしまうのかもしれません。

定年まであと10年ほど。頑張れば一人分の老後資金くらい作れるのではないかと思います。老後破綻とならない資産作りをどのようにしていけばよいのか、教えてください。

【相談者プロフィール】
・51歳、会社員、独身
・毎月の手取り収入:36万6,000円
・年間の手取りボーナス:約90万円
・貯金:約200万円(目減りした後の金額)
・毎月の支出の目安:42万1,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(ローン):11万2,000円
・食費(外食が主):7万7,000 円
・水道光熱費:1万6,000円
・通信費:2万1,000円
・生命保険料:2万2,000円
・日用品代:6,000円
・医療費:1万8,000円
・教育費:1万1,000 円
・交通費:4,000 円
・被服費:8,000円
・交際費:4万2,000円
・娯楽費:2万6,000円
・し好品(タバコ):2万3,000円
・その他:3万5,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ