はじめに

昨年、二度もスリの被害に遭いました。23年間のパリ生活で、スリにあったのは計3回。そのうち2回が2020年、コロナ禍の昨年でした。

一度目は春の外出制限が開けた6月、オペラ座がある繁華街のエリアで買い物をした後、帰宅してから財布がなくなっていることに気づきました。2度目は秋の外出制限中の11月で、同じくオペラ座エリアの地下鉄改札を通る際、すれ違いざまにiPhoneを取られました。気付きようのない素早さでした。

これまでほとんどなかったスリ被害に二度もあったのは、「たまたま」でしょうか。スリたちが「観光客が減ったパリで少ないカモを捕まえるのに必死だ」というような話も耳にしています。筆者がスマホ盗難の被害届を出した警察署の署員は、「このところ窃盗が増えている」とも、こぼしていました。コロナ禍の影響は、パリの治安にも影響を与えているのでしょうか。


コロナ禍になり犯罪件数は減少

統計を調べてみると、じつはコロナ禍における犯罪件数は減っていました。

昨年、フランスでは新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、春と冬の2回外出制限を行ないました。春の外出制限中は、犯罪件数が激減。このことはニュース番組などでも報道され、フランスで生活する人々を喜ばせました。

人が外に出ない分、路上で起こる暴力や窃盗が、劇的に減ったのです。仏パリジャン紙も昨年7月3日の電子版で、「フランス全土で発生した空き巣被害が前年の同時期に比べ70%減少した」と伝えました。

外出制限が解除されていた期間はどうでしょうか。ロックダウンが解除された昨夏の間、犯罪件数は増えましたが、前年の同時期に比べると、やはり減少傾向です。また、フランス内務省が公表する2020年12月の報告書によると、暴力を伴わない窃盗は、11月に24%減少しました。

11月からは、再び外出制限は敷かれましたが、春とは異なり学校と多くの場合で仕事が継続されたため、街に出る人の数は、春のロックダウンと比べて多く感じました。それでも犯罪件数は減少しています。


(出典:SSMSI Interstats Conjoncture n°63 - Décembre 2020)

コロナ禍で犯罪は減りましたが、大局的に見るとフランス全体で犯罪は増加傾向です。フランス内務省のデータをもとに、「ル・パリジャン」がフランス国内の犯罪件数(性暴力、暴力、ナイフなど武器を持った窃盗、武器を持たない暴力的な窃盗、暴力を伴わない窃盗、空き巣、車の窃盗、車の中での窃盗、車の部品の窃盗)を比較したところ、2015年と2019年では19万3,678件から24万2,915件と増加しています。フランス全体での犯罪件数は1.16%増ですが、 パリだけだと25.4%増となっています。