はじめに

車購入より優先してやること

ご相談者さんのご希望に沿って、300万円の車を買う前提でシミュレーションをしてみましたが、問題は、そもそも車を購入するために頭金150万円を貯めることについてです。現在の貯蓄の状況を見ると、貯蓄総額は120万円とのこと。

あと30万円貯めて、車の頭金にと思っているかもしれませんが、現在、コロナの収束も目処が立たず、仮にコロナが収束しても、他の危機が襲ってくるかもしれません。お子さんも今後高校や大学に進学する可能性を考えると、教育費ももっとかかります。ですから、車の頭金とは別に生活費の1年分の貯蓄は欲しいところです。まずは、生活費の1年分の貯蓄を優先し、貯蓄総額240万円を目指しましょう。

現在は、毎月2万5,000円貯蓄ができているので、1年間で30万円。ボーナスから20万円を貯蓄すると1年間で50万円貯まります。2年6カ月間頑張れば125万円になり、現在の貯蓄120万円と合わせれば、生活費の1年分の貯蓄は確保できます。

どうしても車を買いたいという場合には、1年分の貯蓄ができてから検討してみてはいかがでしょうか。とはいえ、300万円の車は現在のご相談者さんの収入や生活状況からすると、予算オーバーといえます。予算をぐっと下げる、もしくは、カーリースという選択も考えられるでしょう。

ご相談者さんは、70歳を過ぎても住宅ローンの返済もありますし、シングルで老後を迎えるとなると、それなりに老後資金も準備していく必要があります。個人的には、車を所有する選択はお勧めしませんが、車を購入しても、なお将来に向けて貯蓄ができる余裕があり、もしものことが起きても当面生活できる貯蓄があるかどうかをよく見極めた上で車を購入するかどうか判断してください。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。