はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、25歳の会社員の既婚女性。妊娠前に都内でマンションを購入したいそうですが、700万という世帯年収で将来に支障が出ない物件の金額が知りたいとのご相談です。FPの飯田道子氏がお答えします。

妊娠前にマンション購入したいが、今の年収で都内のマンションを購入しても将来支障がないか不安。これから2年後ぐらいに購入を想定しており、できれば30年未満のローンで月々の返済額が無理のない範囲になるようにしたい。4,000万円だと手が届きそうな気もするが、都内で希望条件のところは5,000〜7,000万円以上であり、将来支障が出ないためにはどのくらいのマンションを購入すべきか悩んでいる。

【相談者プロフィール】
・女性、25歳、会社員(既婚)
・同居家族について:自分、夫(26)共にフルタイムの正社員(大企業だと思います)
・住居の形態:賃貸
・年間の世帯の手取り金額:700万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:120万円
・年間の世帯の支出の目安:284万1,000円

【年間の支出の内訳】
・住居費:159万6,000円
・食費:66万円
・水道光熱費:18万円
・保険料:15万1,000円
・通信費:28万8,000円
・お小遣い:96万円
・その他:日曜品21万6,000円、医療費8万円、奨学金32万6,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5〜8万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:200万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:423万8,000円(奨学金)

飯田:今回は、妊娠前にマンション購入を検討しているものの、今の年収で都内のマンションを購入しても将来支障がないか不安という相談者様のお話です。購入の目途は2年後ぐらいを想定しており、可能であれば30年未満のローンで月々の返済額が無理のない範囲になるようにしたいそうです。希望するところとは予算が合わないため、いくらのマンションを購入すべきか悩んでいるとのこと。購入する際に考えておくべき適正価格とはいくらなのか? 無理なく返済するための予算としては、どの程度の価格の物件が良いのでしょうか? 考えてみましょう。