はじめに

2020年は世界的に新型コロナウイルスの猛威に振り回された年でした。その中で株式市場は一時下落したものの、大規模な金融緩和を背景に回復し、史上最高値を更新した指数も少なくありませんでした。

日本の日経平均株価もバブル以来の高値で1年を終え、2021年に入っても勢いはとどまらず一時2万9,000円台目前まで上昇しています。一方で2021年はオリンピックや選挙など国内の注目イベントを控えています。今回は今年予定されているイベントを確認し、備えをしていこうと思います。


日経平均は2021年に入っても勢いが衰えず

日経平均株価は昨年後半から快進撃を続けています。11月初旬に行われた米大統領通過後から上昇し、2万3,000円近辺にあった株価は節目として意識されていた2万4,000円を突破。新型コロナワクチン開発への期待感なども後押しして、11月中旬には2万6,000円台をつけました。

その後12月はもみ合いが続いたものの、大発会直前で再び上昇し2万7,000円台で2020年を終えました。2021年に入っても半導体需要の増加への期待感などからハイテク株を中心に買いが集まり、1月14日には一時2万9,000円台に迫るまで上昇しています。

バブル期につけた日経平均株価の史上最高値は終値ベースで3万8,915円となっており、あと10,000円ほど節目がないかのように思われますが、ドル建てで見ると歴代最高値を約31年ぶりに更新する水準まで上昇しています。今後はまず3万円の大台に乗せるかに注目が集まっています。

そんな相場の先行きに影響を与えそうな今年の目玉イベントが、オリンピックと衆議院議員総選挙です。