家計簿の使い方から資産運用の考え方、みんなのリアルなお金管理術を紹介!<PR>

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。 今回の相談者は、29歳、会社員の男性。マイホームを購入後に、2軒目の不動産投資を考えている相談者。その際、利回り重視の物件か、節税効果の高い物件、どちらを選べばよいのか悩まれています。FPの横田健一氏がお答えします。

現在、不動産投資・個別銘柄株式投資・投資信託・ETF・保険運用を行っております。現状、不動産投資の実質利回りで0.1%程です。

今後、マイホームを購入後にもう一件投資用不動産を購入したいと考えています。今回の相談はもう一件追加購入する不動産についてなのですが、
(1)利回り重視の物件
(2)節税や生命保険代わりとしての物件
どちらのほうがメリットが大きいでしょう。
ちなみに、転職を考慮しており、本業年収を550万円程度と副業収入5〜10万円/月に変更予定です。また現在は個人事業としてwebライターも行っているのですが、今後法人として不動産管理やその他の投資商品での収益化を検討しております。(※一部内容を編集しています)

【相談者プロフィール】
・男性、29歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻(27歳)、子ども(2歳)
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:35万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:60万円
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の目安】
・住居費:8万2,000円
・食費:4万5,000円
・水道光熱費:2万円
・教育費:5,000円
・保険料:2万円
・通信費:2万4,000円
・お小遣い:2万円
・その他:3万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:60万円
・現在の貯蓄総額:80万円
・現在の投資総額:60万円
・現在の負債総額:1,910万円
 投資用物件=購入額1,940万円、借入額1940万円、返済期間45年、金利2.3%(団信付き)、残債1,910万円
 マイホームローン(予定)=購入額2650 万円+諸費用(計2850万円程度)予定、変動金利0.6%(団信付き)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ