はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、37歳、会社員の男性。4人のお子さんを育てつつ、老後資金を貯めたいという相談者。また、適切なポートフォリオで投資できているかも知りたいとのことです。FPの伊藤亮太氏がお答えします。

子どもが4人おり、現在の収支で学費などをまかないつつ、老後の資金を貯めていけるか。また、投資について適切なポートフォリオになっているか。

【相談者プロフィール】
・男性、37歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻(37歳)、専業主婦。子ども4人(0・1・3・6歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:65万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出の目安:52万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:14万5,000円
・食費:12万円
・水道光熱費:1万7,000円
・教育費:幼稚園 3万、習い事2万
・保険料:7 万円(積み立て型。長男18歳時に満期が5万分、残りは夫終身)
・通信費:2万円
・車両費:1万円
・お小遣い:夫5万円、妻3万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:11 万円(全額海外株式投資)、 3万円(現金貯蓄)
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯蓄総額:現金900万円、保険積み立て500万円
・現在の投資総額:国内株式150万円、海外株式400万円、海外ETF260万円
・現在の負債総額:4,500万円

伊藤:ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。

まず、現状の収入は比較的高収入といえ、毎月の貯蓄額が13~14万円と手取り収入の20%ほどを貯蓄できています。住居費などもそれ相応であり、負担が大きすぎるといった状況ではありません。

保険料に関しても、支出に計上されており、教育資金の準備としてある程度カバーできるように設計されています。そのため、教育費が無償である現在、いかに4人分の資金を貯めていくかがポイントになります。