はじめに

緊急事態宣言が再度発出され、再び不要不急の外出自粛が呼びかけられています。前回の緊急事態宣言から今日まで、多くのサラリーマンはリモートワークを行い、家で過ごす時間が多くなりました。
 
家庭を持つサラリーマンの場合、家族と一緒にいる時間が増えたケースもありますが、妻・夫ともに「長い時間を過ごせるようになって良かった」「いやいや、夫婦で長時間一緒にいると、こんなにも疲れるものなのか」と様々な意見が飛び交います。特に主婦の立場に立って考えれば、家事だけでも精一杯なところに、夫が外出せず家にずっといる状況にストレスを抱え、塞ぎ込む人も少なくないかもしれません。

デジタルマーケティングカンパニー「PLAN-B」が興味深いアンケート調査結果を発表しました。「『主婦の秘密』に関するアンケート調査」で、10~60代以上までの主婦725人にとったもの。ドキッとするようなタイトルですが、主婦ならでは秘密は大別すると、6つに分けられるようです。さっそく見ていきたいと思います。


意外と多かった精神的な思いや欲求に起因する秘密



本題に入る前に、「『主婦の秘密』に関するアンケート調査」の対象となった725名の主婦の構成を見ていきましょう(上のグラフ)。年代、結婚歴、子どもの有無ともに実に様々ではありますが、このうちの70%の主婦が家族や社会に対してなんらかの秘密を持っているという結果が出ました。

こういったアンケートに答える際は本音を抑えての回答も多いようにも思います。それが正しければ実際の数値はもっと高くなるわけで、主婦の方の大半は大なり小なりなんらかの秘密があるようにも思います。

さらに、その中身に迫って見てみます。どれだけ愛を誓いあった夫婦だとしても、人間同士には変わりがないことで、利己的な秘密が多いように思う方もいるかもしれませんが、その結果は大別して下記の6つ+その他になっています。