はじめに

「異性」「過去」の秘密は、「不倫」「性」にまつわるものが大半

次に、2番目に多かった「異性」「過去」にまつわる秘密を見てみましょう。

「異性」に関するものは、「昔付き合っていた人と、今でも連絡を取っている(20代・結婚歴1年未満)「マッチングアプリで男性を物色している(30代・結婚歴3~5年未満)」といった、不倫予備軍にあたるものが目立ちました。

さらに、「家庭内のストレスのやり場がなくて、職場の人と不倫しています(30代・結婚歴7~10年未満)「旦那との夫婦生活がないので、不倫している(40代・結婚歴10年以上)」という不倫続行中のものまでが挙がりました。

「不倫は麻薬」という俗語があります。「不倫」をテーマにしたドラマがヒットし続けていることからもわかるように、道ならぬ恋は人の理性を奪うのかもしれませんが、こちらもバレたら人生が変わるほどの重大なことです。アンケート結果では2番目ではあったものの、重大な秘密として考えれば、やはり筆頭に当たるように感じました。

「過去」にまつわる秘密は

また、「過去」にまつわる秘密を見てみると、「昔ホステスをしていて、かなり稼いでいた。貯金の額もそこそこある(30代・結婚歴3~5年未満)」という、過去の経歴とお金にまつわるダブルの秘密を持つ強者を筆頭に、「学生時代は援助交際やパパ活をしていて、男関係もルーズで結構なビッチだった(20代・結婚歴3~5年未満)」「風俗店で働いていたことがある(40代・結婚歴10年以上)」「結婚する前に、主人の友人と体の関係を持ってしまった(30代・結婚歴1~3年未満)」など、やはり性にまつわるものが圧倒的に多い印象でした。

その一方、「昔ヤンキーだったことを旦那に隠してる。油断すると今でもヤンキー口調が出そうになる(30代・結婚歴1年未満)」という、自然とバレそうなものもあり、一口に「過去」の秘密と言っても人によって微妙に傾向が異なることがわかる結果でした。