はじめに

プジョーのコンパクトSUVである2008がフルモデルチェンジを行いました。最大の特徴はガソリン車とBEV(以下:ピュアEV)を選べる点です。今回はその中でも注目を集めるピュアEVである「e-2008」をメインに試乗してみました。


先行する新型208に続く戦略的モデル

2020年に日本でもデビューしたBセグメントの5ドアハッチバックモデルである「208」。グローバルでも高く評価され「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」の受賞に続き、「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」における「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞しています。

このシリーズに続くのが世界で売れているSUVカテゴリーに属する新型2008なのです。

昨今、大型化するクルマのボディサイズに対して、208や2008が属する「Bセグメント」は取り回しがしやすく、都市部での利用にも適しています。

そして208同様に1.2Lのガソリンターボ車とピュアEV(電気自動車)を同時にラインナップ。プジョーではこれを「パワー・オブ・チョイス」と呼びます。当たり前のことですが、EVは同装備であればガソリン車より車両価格が高くなります。しかし電気代や税制上のサポートを組み合わせることでトータルでのランニングコストの差はかなり縮まることになります。

つまりEVだからと言って特別なことではなく、ライフスタイルに合わせて選択の幅を持たせている、というのがこの「パワー・オブ・チョイス」の狙いのひとつと言えます。

スマホ連携可能な7インチのタッチスクリーンは標準装備。専用のカーナビもオプションで設定されます