運用者直接対決! 勝つのはひふみか さわかみか!?

こんな過激な煽りのもと、5月末に開催されたセミナーがあります。

テレビ出演などで大注目「ひふみ投信」からの“選手”は、レオス・キャピタルワークス株式会社代表取締役社長、最高投資責任者である藤野英人氏。

迎えて立つのは元舞台俳優という異色の経歴を持ち、39歳という若さでファンドマネージャーを任されている「さわかみ投信」の草刈貴弘氏です。

そして、両社をよく知る、セゾン投信株式会社の“積立王子”こと中野晴啓社長をレフェリー兼モデレーターとして迎えた豪華布陣で「最強の投信」の座をかけた戦いの幕が切って落とされました。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ