はじめに

30万組以上の住宅選びの相談に応えてきたスーモカウンターのアドバイザーが、住まいの悩みに答えるシリーズ。最近よくいただくご相談内容をご紹介しながら、お悩み解決につながるポイントを解説します。

現在、会社の独身寮に住んでいる20代の男性です。

家賃は光熱費込みで1万5000円とかなり安く抑えられていますが、7年後には退去する必要があります。月々の負担が増えても憧れのエリアに住んでみたいという思いや、資産性を考えてマンション購入を検討したいという気持ちもあります。

20代シングル男性がマンションを買うというのは、よくあることなのでしょうか。買うとしたら、どんな物件がいいのでしょうか。タイミングは今なのか、もしくは寮の退去期限を迎える7年後なのか。いつ頃がベストでしょうか。

【相談者プロフィール】
・本人:20代会社員(男性)
・家族構成:独身
・現在の居住形態:会社の独身寮
・世帯年収:500万円

スーモカウンターアドバイザー: 今よりも広い部屋で暮らしたい、生活の質を上げたいなどの思いから、未婚・非婚でマンションを買いたいと考える人は増えているようですね。今回は、単身者のマンション購入事情、購入のベストタイミングなどについてお答えしていきましょう。

単身者のマンション購入相談は増加傾向

単身者で新築マンション購入を検討する人は、男女ともにここ数年増加傾向にあります。実際にスーモカウンターでの相談件数も増えています。

1_新築マンション契約者世帯主属性
2_住宅購入検討中の単身者の割合

住み替えを希望する動機はさまざまです。例えば、今の賃貸住宅の築年数が古い(寒い、隣の声や物音が気になる)、社員寮でプライバシーが保ちにくい(すぐに会社の人と会う、外部の人を呼べない)などの不満の声も。加えて最近では、リモートワークでこれまで以上に広さや部屋数が必要になったというケースもあります。

こうした問題を住み替えでクリアしようとすると、賃貸・購入いずれにしても住居費が跳ね上がってしまいます。であれば、家賃の掛け捨てではなく、自分のものになる分譲マンションを、と考えて購入に踏みきる人も多いようです。