はじめに

任意加入の国民年金に付加年金をつける

国民年金の任意加入をした場合、付加年金の月額400円を追加するとさらにお得になります。付加年金とは、月額400円の保険料を上乗せして支払うことで将来の受給額が増えると制度です。しかも受給が始まれば、2年も元が取れるという超お得な制度です。ぜひオススメの手続きなのです。

任意加入の国民年金に上乗せで国民年金基金に加入する

超お得な「付加年金」を紹介しましたが、金額が少ないという人には、国民年金基金がオススメです。

国民年金の任意加入が条件で、国民年金基金にも加入することができます。

国民年金基金は、国民年金の2階建ての部分になり、掛金の上限は月額6万8,000円です。基本は終身年金ですが、確定年金も選ぶことができます。年金額が確定しているので老後資金の計画が立てやすいです。ちなみに国民年金基金と付加年金と両方に入ることができません。

自営業者などの人にとても有利なのは、掛金の全額が社会保険料控除になり税金が軽減されることです。これも超オススメの手続きです。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]