<PR>資産形成のための無料イベントやセミナーを多数掲載!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、51歳、会社員の女性。立て続けにかかる4人のお子さんの教育費で、自分たちの老後資金をどうやって貯めればよいのわからないといいます。FPの氏家祥美氏がお答えします。

51歳女性です。課長職になり、主人よりも収入が増えましたが、保険などはそのままです。教育費などもまだまだかかりますが、どう自分たちの老後資金をためるべきか、自分に万一のことがあったときの保険はどうしたらいいかなど、何をどうしていけばいいか悩んでいます。

貯金はできるはずなのですが、できていません。子どもは4人。長男は社会人で奨学金は自分で返せる金額です。長女は大学3年ですが、第1種、第2種合計で13万借りており、夫婦共働きの間は第2種は返済を手伝う約束です(子どもには言ってませんが、第2種は全額親が返済するつもり)。次女は今年浪人しており、月10万の塾代がかかっています。大学は国公立、私立どちらにしても家から通う予定です。大学費用は奨学金予定で私立の場合はやはり月12~13万の奨学金を借りる必要があると思います。三女は来年高校生でスポーツをやる予定なので、月額2万ぐらい余分にかかる覚悟をしています。

【相談者プロフィール】
・女性、51歳、会社員、既婚
・同居家族について:夫52歳・会社員・手取り月23万、私・会社員・手取り月28万
 子ども4人(15歳、19歳、21歳、23歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:51万(夫23万、妻28万)
・年間の世帯の手取りボーナス額:130万(夫30×2、妻35×2)
・毎月の世帯の支出の目安:50万5,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万5,000円
・食費:8万円(現金4万、クレジット4万)
・水道光熱費:2万円
・教育費:12万円(浪人10万、交通費1万、中学1万)
・保険料:0(夫給与天引2万、妻年払い10万)
・通信費:5万(インターネット、夫婦、子ども3人分)
・車両費:2万(ガソリン代、車検費用などはボーナスで)
・お小遣い:8万(夫現金2万+クレカ2万、妻現金1万+クレカ2万、子ども2名5,000円と2,000円)
・その他:大学生仕送り6万円(寮費)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万5,000円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯蓄総額:200万円
・現在の投資総額:200万円(独身時代のMMF)
・現在の負債総額:子どもの奨学金含めず540万円(住宅7万5,000円×4年・団体信用保険は夫名義。、太陽光1万3,000円×8年、ボイラー6,000円×7年)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ