はじめに

転職は人生にとって大きな影響を与えるものですが、これまで何十人もの「転職をしたいのですが……」という若者からの相談を受けた身としては「転職ってそこまであなたの人生を変えませんよ?」と思うこともあります。


転職の本質

人生を変えるのは、「会社を変える」ということではなく「生き方を変える」ということなのです。所詮、「転職」の多くは、「給料が100万円上がりました!」やら「各種手当が充実しています!」程度のもの。

だとしたら、会社を変えても人生はそこまでドラスティックには変わりません。むしろ「フリーになる」やら「妻に頼ってオレは専業主夫になる」といった変化の方が人生はよっぽど変わってくれることでしょう。そして、ドラスティックに変えることは人生の幅を広げてくれます。そうした経験を経たうえで、また元々やっていた形の就労体系に戻るも良しだし、完全に人生を変えるのも良し、でしょう。

正直、サラリーマン(会社員・公務員)で生きていくことを決めた人にとっては、「職場を変えれば幸せが待っている・給料が上がる!」と思わない方が良いでしょう。よっぽど能力の高い人以外、転職をすると給料は下がるものです。私の知り合いでも、マスコミ業界でこんな感じで次々に給料が下がった人物がいます。「大メディアでぬるま湯に浸かっているのはどうかと思う……」という感覚で転職をしたのです。

大手出版社

スポーツ新聞社

夕刊紙

中堅出版社

フリーペーパー発行社

最初の大手出版社にいれば、50代前半の今、年収800万円ほどには行っていただろうに、現在は500万円台です。

若者というものは、どこかで「ここはぬるま湯であり、私がい続ける場所ではない!」と思ったり「私の給料は高すぎる! これは社会の格差を拡大するだけである。私はここから出なくてはいけない! 正しい報道を私はするのだ!」のように「社会派」に転じ、恵まれた職場を捨ててしまうこともあります。