はじめに

越谷大家こと、今岡純一さんは製薬会社に勤めていた元サラリーマン。26歳で不動産投資を開始して、その4年後の30歳に家賃収入・売電収入が年間5,000万円、年間のキャッシュフロー2,500万円を達成して、念願だったサラリーマンリタイヤを実現しました。今岡さんの特徴といえば、若くして投資をスタートさせていることにくわえて、不動産投資だけでなく、物販・アフィリエイト・FX・株式投資と複数の投資や副業を組み合わせて行っていること。なぜそのような投資スタイルになったのか、を詳しく聞きました。


990万円の投資で、リターンは3000円?

――26歳で不動産投資ははじめたそうですが、なぜ不動産投資だったのでしょうか?

当時の私は製薬会社のMRをしていました。26歳のとき、担当しているドクターが開業することになり、そのドクターに「医院の前で薬局をやらないか」というありがたい提案を受けたのです。もともと独立志向があり、「ゆくゆくはサラリーマンを辞めて独立したい」と考えていた自分にとって、まさに夢にまで見ていた世界が飛び込んできたのです。

ただ冷静に考えてみると、今のサラリーマン収入を失い、薬局をいきなり始めてしまっても大丈夫なのか? もしも失敗してしまったら……と前向きな気持ちと後ろ向きな気持ちが交錯しました。ちょうどそのタイミングで、ワンルームマンションの投資話が舞い込んできたのです。
また、FXで300万円以上の損失を出してしまったこともあり、もっと安定的に資産形成ができるものはないかと考えていたところ、ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資に行き着きました。

――ワンルームマンションを購入したのですか?

いいえ、購入していません。ただ私は「サラリーマンを続けながらでも副業や資産形成はできる。今の仕事を辞めて、ゼロベースで借金を背負って薬局経営に挑戦するのはリスクが高い。まずは不動産などの担保となる資産を作ってから、好きな仕事をすべきだ」と結論に達し、薬局の話を断る決心をしました。

――そこから不動産投資の勉強をはじめたのですね。

はい。不動産会社の営業マンの話をすべて鵜呑みにするのは危険だと感じたので、まず不動産投資の本を10冊ほど読みました。そのなかで芦沢晃氏の中古区分マンション投資に一番共感しました。芦沢氏はサラリーマンを続けながら区分マンション投資を現金で買い進め、大きな資産を築かれていたのが印象的でした。その頃の私は「アパートやマンションなどの一棟物件はサラリーマンには買えない」と思い込んでいたので検討対象外でした。

――中古区分マンション投資はすぐにスタートしたのですか?

はい。私は思い立ったら行動は早いほうなので、その年には1つめの物件である区分マンションを990万円でローンを組んで購入しました。

――利益は出ましたか?

ローン返済や管理費・修繕積立金、固定資産税などを差し引いたキャッシュフローは月にしてわずか3,000円でした。このままではほぼ利益が出ないと考え、家賃保証を解除したり、自分で管理して経費を削減したり、銀行の借り換えで金利を安くしたことにより、月1万円程度までキャッシュフローが増加しました。

自分が努力した分だけ利益が増えるのは嬉しかったのですが、よく考えてみると1戸で月1万円ということは、単純計算で100戸買っても月額100万円です。そこまで買うのに何十年もかかってしまい、いつまで経ってもサラリーマンを辞めることができないことに気づいたのです。そう思いながら勉強をしていくうちに、サラリーマンでも1棟アパートが買える選択肢があることを知りました。