はじめに

同じ買い物をするなら少しでもおトクに買いたいと思うのは誰しも同じ。でも数円のおトクのために時間をかけるのは現実的ではないですよね。今回は手間をかけずにできるおトクな買い物テクニックを紹介します。


支払い方法でおトクに

まずは定番でやっている人も多いテクニックから。現金で支払えばそれで終わりですが、クレジットカードで支払えばポイントが貯まります。最近ではコンビニエンスストアでの数百円の買い物でも気軽にクレジットカードを使えるようになったので、例え0.5%や1%のポイントはもらったほうがおトクです。スーパーが発行しているクレジットカードで、特定日の割引なども積極的に利用したいですね。

またクレジットカードポイント以外にもらえるポイントがあればそちらももらいましょう。お店ごとのポイントカードを作るのは手間になってしまいますが、よく行く店のポイントや多くの店で使える共通ポイントは貯めやすくなっています。

近年急速に広がっているPay決済(コード決済)は、スタート当初の勢いある還元率ではありませんが、たまに数十%のポイント還元をやることがあります。還元率が高いときは狙いたい支払い手段です。Pay決済(コード決済)を通してクレジットカード決済にしても同様の還元が受けられますので確認してみてください。

ただし支払い手段があちこちに広がってしまうと管理できなくなる可能性があるので、自分の性格にあわせて支払い手段は管理できるように使ったほうがよいでしょう。

最新型・新品じゃなくていいんじゃない?

パソコンやスマートフォン、家電など、頻繁に新機種が発売されるものは、最新型でなくなったいわゆる「型落ち品」が存在します。新品には変わりはなくただ最新型でなくなっただけの理由で安くなるのですからおトクですね。「最新型を買って友達に自慢したい」人もいるかもしれませんが、そうでないのであれば型落ち品を積極的に買って節約しましょう。

ただし最新型はそれまでの不便だった点が改善されていることも多いので、型ごとの機能の比較をしてから買い物をすると失敗がありません。

また「整備品」もおトクです。整備品とは一度販売され消費者の手元に渡ったものがなんらかの理由でメーカーに戻り、動作状況を確認し整備や修理された商品になります。しっかりと専門の人によって整備されているので安心ですし、消費者の手元に渡っても長く使われていたわけではないので、状態としては新品と同じようなものです。