2月の世界の株式相場は、新型コロナの感染沈静化や、ワクチンの接種が広がりなどを受けて、月半ばにかけて堅調な推移を辿りました。しかし、米長期金利上昇への警戒感が強まると、月後半はやや軟調な展開となりました。

そして、米10年国債利回りが1.5%を超えたところで、株式市場は一気にリスクオフに傾き、2月26日の日経平均株価は前日比1,200円以上、下落しました。それまでの急ピッチな株価上昇で、株式に割高感が指摘されていたタイミングで、米金利の上昇が下落の引き金を引いたかたちです。

とはいえ、現段階では株式市場の参加者は比較的、冷静さを保っているように見受けられます。米金融当局がすぐに金融緩和政策の方針転換を図るとは考えにくく、過度な金利上昇には適切に対応していくと見られるためです。今のところ、米10年国債利回りが上昇し続けるリスクは限定的と考えられます。

依然として、新型コロナの感染沈静化と、それによる経済正常化のシナリオは不変です。また、米国で昨年末の景気対策に続く追加の景気刺激策が、バイデン新政権のもと、導入に向けて粛々と準備が進められていることも相場の支援材料です。

他方、企業業績は実績の好調さもさることながら、先行きの見通しも順調に切り上がってきています。それが、予想PER(株価収益率)のような投資指標面での相場の過熱を抑え込んでいると判断されます。

今回の金利上昇のような株高の前提になっている諸条件の変化には十分注意する必要はありますが、相場のトレンドを逆向きにしてしまうほどの強力な不安材料は特に見当たりません。当面の株式市場では、再び高値を目指す相場展開になることが予想されます。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ