【特集】早期リタイア「FIRE」を実現する方法は?実際にできるかプロに聞く

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、26歳、会社員の女性。共働きで、外食が多いという相談者。贅沢をしているわけではないけれど、気がついたら食費が月15万を超えていることも。無理はしたくないけれど、どうにかスリム化したいといいます。FPの坂本綾子氏がお答えします。

都内二人暮しですが、食費が月12万円を前後し、最大で15万程度まで上がってしまいます。

特にお金を使っている自覚がなく、気がついて愕然としました。内訳は食料品6万、酒ツマミ類1万円、外食2.6万円、コンビニ1.1万円、フードデリバリー1万円など。食料品はコロナ以降で1〜2万上がったまま現在まで下がらず、食料品以外の出費が月によって金額を引き上げます。

特に高級品へのこだわりはなく普通のスーパー・普通のレストランを使うのですが、「休日は休日らしく外食や酒を楽しみたい」「仕事が忙しければ食事作りはラクしたい」「浪費する気は無いが、いちいち値段も気にしない」「食事はタンパク質と野菜偏重で炭水化物はあまり取らない」「支払いは全てカード」というスタイルが、こういう金額になっているのかと思います。

そうでなくても自炊が好きではない夫婦なので、お買い得品から献立をいちいち考えるとか、外食を月1回にするといった、食事に関するストレスに後ろ向きで、お金を貯めてストレス溜めるくらいならお金を掛けるタイプです。しかしさすがに金額が異常値のような気がしており、どう手をつけるか悩んでいます。

見かけ上は月の貯蓄もしているように見える一方、昨年は一時的な出費も多く、実は思ったほどの貯金に繋がりませんでした。これを機に、我慢はせず無駄の少ないスリムな家計に体質改善していきたく、アドバイスをお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・女性、26歳、IT系会社員、既婚
・夫28歳、IT系会社員
・お住まいの都道府県:東京都
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:75万円(相談者30万、夫45万)、ボーナスなし
・毎月の世帯の支出の目安:43万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:18万3,000円
・食費:12万円
・水道光熱費:1万4,000円
・通信費:1万7,000円
・その他:9万5,000円(日用品雑貨類2、衣類美容3、趣味娯楽2、雑費2.5、交通費や医療費やサブスク費の他、半分は実質外食)
・毎月の貯蓄額:22万円(別途個人年金2.3、つみたてNISA3.3、投資信託5)
・現在の貯蓄総額:520万円
・現在の投資総額:178万円(うち個人年金36、つみたてNISA45、投資信託97)
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ