家計簿の使い方から資産運用の考え方、みんなのリアルなお金管理術を紹介!<PR>

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、60歳、無職の男性。87歳の母の介護に専念し、現在無職だという相談者。現在は母の年金と父の遺族年金で生活が成り立っていますが、母が亡くなったあとに自分の年金から税金がいくら引かれるのか、それで生活が成り立つかどうか不安だと言います。FPの飯田道子氏がお答えします。

母の年金と父親の遺族年金で月14万あるのですが、母親の介護をしているため私には収入がありません。現在60歳で厚生年金と国民年金はなんとか払いました。しかし、母も87才の高齢です。しばらくはこのままで生活ができていますが、母がなくなった後が心配です。年金定期便を見ていると私の65歳になった時の年金は月10万くらいしかありません。そこから健康保険や介護保険を差し引かれたら8万くらいしかありません。

私の年金を時給開始を遅らそうとすると70歳で月14万くらいになるみたいですが、そこから健康保険や介護保険が引かれるのでしょうか? とても心配です。

【相談者プロフィール】
・男性、60歳、無職、未婚
・同居家族について:母親の年金と父親の遺族年金で月14万ぐらい。私は母の介護をしているため無職です。
・住居の形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:14万円
・ボーナス:なし
・毎月の世帯の支出の目安:15万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円
・食費:10万円
・水道光熱費:5万円
・通信費:1万円
・お小遣い:5万円

【支出の内訳】
・毎月の貯蓄額:0円
・現在の貯蓄総額:150万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:0円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ