はじめに

桜ももうじき満開を迎え、お花見を楽しんでいる方もいらっしゃるのでは。新生活が始まる春。明日から新年度のスタートですね。陽が伸びてきて、夕方からちょっと一杯…なんてとっても素敵。今日はお家で居酒屋気分を味わってみませんか?とろっとろの牛すじと、甘辛味が、ビールもご飯も進みますよ!


「牛すじのどて煮」の材料

材料 分量
牛すじ 600g
こんにゃく 100g
青ねぎ 適量

<下処理用>

材料 分量
にんにく・生姜 各1片
酒または焼酎 水の1割程度
材料がかぶるくらい

<調味料>

材料 分量
●水 ひたひたくらい
●赤味噌 50g
●砂糖 25g
●醤油 小さじ2

「牛すじのどて煮」の作り方

1. 牛すじの下処理をする。牛すじを下処理用の材料を入れて圧力鍋で加圧5分。ざるにあげ、食べやすい大きさに切る。
2. 食べやすい大きさに手でちぎったこんにゃくを茹でてアク抜きし、1の牛すじを入れて圧力鍋で加圧10分。自然にピンが下がるのを待つ。

3. ピンが下がったら●の材料を入れて、加圧30分

4. ピンが下がったら蓋を開け、水分が半分くらいになるまで弱火〜中火で加熱する

5. 青葱を散らして出来上がり

「牛すじのどて煮」のポイント

冷えると、牛すじのコラーゲンで固まります。食べる際には弱火で再加熱しましょう。

もう一品!「たたききゅうり」の作り方

材料 分量
きゅうり 2本
<調味料>
鶏ガラの素(顆粒) 小さじ2
ごま油 小さじ1

1. きゅうりの端を切り、食べやすい大きさに輪切りにする

2. 厚めの保存袋に全ての材料を入れ、麺棒で叩く

3. 冷蔵庫で30分冷やして出来上がり

レシピ/k-meals, 片山けいこ
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。管理栄養士。
Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。

(この記事はケノコトからの転載です)

この記事は参考になりましたか?