はじめに

投資の神様「ウォーレン・バフェット」の名前を聞いたことがある方は多いでしょう。

バフェット氏は1930年生まれで御年90歳にして現役バリバリの投資家であり、バークシャー・ハサウェイという超巨大上場企業の経営者でもあります。

筆者は5年ほど前にバークシャーの株主総会に参加した際に、たまたま目の前をバフェット氏が歩いているのを目撃する幸運に恵まれました。その際、あまりの歩くスピードの速さに追いかけられなかったことを覚えています。

そんなバフェット氏が世界中で尊敬を集めているのにはたくさんの理由があります。例えば彼は社会貢献に非常に積極的なことで知られており、彼はその資産のほとんどを慈善団体に寄付することを表明しています。また、経済危機やマーケットが暴落した際などに投資家を勇気付けるウィットに富んだコメントを発信することもよくあります。

しかし、なんといっても彼が尊敬される1番の理由は、凄まじい投資成績を長期的にあげ続けていることです。そのバフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが今どんな銘柄に投資しているか興味がありませんか?

バークシャーは2月半ばに、昨年12月末時点の米国株への保有ポートフォリオを発表しました。昨年日本の5大商社に投資したことも話題になりましたが、今回は米国株についてご紹介します。


バークシャー昨年末時点の保有銘柄

まず、保有ポートフォリオのを見てみましょう。明らかに比率が大きいのが全体の約44%を占めているアップル(AAPL)です。

バフェット氏はかねてからアップルのビジネスを絶賛しています。iPhoneが持つ絶大なブランド価値を中心に、App StoreやiTunesなどユーザーがアップルから離れられないエコシステムが完成されている点を高く評価しているのでしょう。

その他には、バンク・オブ・アメリカ(BAC)、コカ・コーラ(KO)、アメリカン・エキスプレス(AXP)、クラフト・ハインツ(KHC)などが続きます。

バフェット氏やバークシャーは、ブランド価値が高く消費者の心を離さない企業や、他社が真似しようと思ってもなかなか真似できない企業への投資を好むと言われています。その意味でコカ・コーラやアメリカン・エキスプレスはザ・バフェット銘柄という感じがしますね。

<写真:AP/アフロ>