はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、47歳、パートの女性。固定費は夫、変動費は妻と、担当を分けて別財布で家計を運営してきた相談者。ですが現状は赤字気味。夫に相談したいそうですが、家計の話を切り出すと機嫌が悪くなるので悩んでいるといいます。FPの横山光昭氏がお答えします。

夫と子ども二人の4人暮らしで、パートをしている主婦です。生活費と貯金のことで悩んでいます。

以前から夫婦別々の家計管理で、夫は固定費は支払ってくれていますが、食費や日用品、医療費などの日々の生活費は入れてくれません。私のパート収入でそういった支出を支払い生活しているのですが、そこから貯金をしなくてはいけないと思っています。ですが、毎月赤字がちで、子どもの教育費も支払ったので、今まで貯めてきた私の貯金が減ってしまいました。これから、次女の教育費を貯めたり、老後資金を準備することができるのか心配です。

貯金については、夫は夫で貯めているのだろうと思うのですが、家計や貯金などお金の話をすると機嫌が悪くなり、話がしにくくなってしまいます。

そのため少しでも自分で貯めておかなくてはいけないと思っています。少しでも支出を減らすために家計簿をつけたほうが良いのはわかっているのですが、なかなか続かず、今はつけていません。

今の状況を何とか改善したいと思っているのですが、1人では無理だろうと思っています。どうすると夫とお金の話ができるようになるでしょうか。話さなくてもお金を貯められる方法はあるでしょうか。

【相談者プロフィール】
・女性、47歳、パート
・夫、49歳、会社員 長女(専門学校1年生) 次女(高校2年生)
・毎月の手取り収入:相談者7万8000円、夫は月収もボーナスも不明
・貯金:相談者約50万円、夫不明
・毎月の支出の目安:9万9,000円(固定費以外)

【毎月の支出の内訳】※これ以外の支出は夫が負担。
食費:5万6,000円
日用品代:6,000 円
医療費:8,000円
交通費:2,000円
被服費:1万円
交際費:8,000円
娯楽費:2,000円
その他:7,000 円

横山:夫が家計管理に関心を持ってくれないため、貯金が増えないことを悩んでいるのですね。いただいた状況から推測すると、ご夫婦間で家計についての認識が違う印象を受けます。夫と家計の認識を共有し、貯金を増やすための策を考えていきましょう。