はじめに

最近、マカオのカジノ収入が回復基調をたどり始めています。

マカオは新型コロナウイルスの感染拡大で、世界中から観光客が「消える」という大打撃を受け、カジノ収入は2020年2月以降激減しました。しかし現在は、中国本土では新型コロナの感染抑制が功を奏し、夏以降はマカオへの渡航規制を段階的に緩和しています。

今回は、コロナ後を見据えて動き出したマカオのカジノ産業について解説します。


カジノに客足じわり

2020年9月、中国全土でマカオ行きのビザ発給を再開されました。それに伴い、マカオへの観光客数も最近増加に転じています。マカオ政府の統計によると、2020年第4四半期(10~12月)にマカオを訪れた観光客は前年同期比79.6%減の約188万人(延べ)と大幅減少でしたが、第3四半期(7~9月期)の75万200人(延べ)からは急増しています。

マカオ全体のカジノ収入推移

ポストコロナの動き

2021年2月に中国本土からマカオへの渡航者に対して講じられていた隔離措置が免除されました。また同時期、マカオ政府は新型コロナウイルスのワクチンについても、中国製薬大手の上海復星医薬などが開発したワクチンの輸入を承認し、計40万回分の購入を計画している事を明らかにしました。

3月にはカジノ施設に入場する際の新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書の提示も免除されました。このように、中国本土からの観光客にとって、マカオへのアクセス、カジノ施設利用の利便性は高まっています。

ただ、国際観光都市でもあるマカオのカジノ市場の本格的な回復は、世界のコロナ動向にも左右されます。そうしたなか、世界全体の新型コロナウイルスのワクチンの累計接種回数が2021年3月8日までに3億回を超えたことは好材料です。

国別では米国、中国の接種回数が突出し、2ヶ国で全体の約5割を占め、欧州各国でも普及が進んでいます。今後もワクチン接種が進み、世界的な旅行需要などが回復に向かえば、マカオのカジノ事業者の業績回復を後押しするとみています。