はじめに

携帯電話料金の新プランの発表が続いています。新しいプランが出揃ったら携帯を買い替えようと思っている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は新しいiPhoneを検討している人へ携帯会社の選び方についてお伝えします。


携帯電話料金の値下げが続いている

菅政権が掲げている目玉政策の一つが携帯電話料金の値下げです。2020年10月に総務省が「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」を発表したのも政権の流れを汲んだものと思われます。

とにかく複雑でわかりにくいのが携帯電話の料金プランです。利用者が料金やサービスの内容を理解できるようにと2020年12月には総務省のホームページに「携帯電話ポータルサイト」が公開されました。「今の料金プランが合っているのか?」「端末を買う際のアドバイス」「よくある質問」など分かりやすく掲載されているので一読されておくことをおすすめします。

契約変更時に違約金がかからないか確認しよう

まず現在使っている携帯の契約時期を確認しておきましょう。もしも大手キャリアで「2年縛り」と言われる料金プランを契約している場合には2年以内に解約すると違約金が発生します。

例えば2021年7月に更新月を迎える人が2021年4月に新しいプランに変更すると解約時に9,500円がかかってしまうのです。その場合は更新月まで待ってから手続きをするのが良いでしょう。2019年10月に法律が改正され違約金に関する制度が見直されたので、現在は最大でも1,000円になっています。自分の更新月と違約金の金額については把握しておきたいところです。