はじめに

30万組以上の住宅選びの相談に応えてきたスーモカウンターのアドバイザーが、住まいの悩みに答えるシリーズ。

コロナ禍によるライフスタイルの変化で、新築分譲マンションに求められる条件が変化しています。今回は、不動産・住宅情報サイト『SUUMO』が実施した、「2020年 新築分譲マンション検討者意識調査」をもとに、人気が高まりそうなマンションの立地や設備を解説します。


「在宅勤務のしやすさ」がカギ

新築分譲マンションを検討する人が「間取り」や「設備」に求める条件は、コロナ禍で大きく変化した部分です。

まず「間取り」ですが、キーワードとなるのは「在宅勤務」。検討者の6割以上が在宅勤務を行っているものの、仕事をする場所は自宅のリビングや寝室などが多く、特に子どものいる世帯では「集中できない」「会議がしづらい」などの不満を持つ人が増えているようです。

加えて、小学生以上の子どもがいる家庭では、学校や塾のオンライン授業も増加傾向にあります。親が在宅勤務をしている家庭の7割以上が、「子どものオンライン授業あり」という状況です。

以前はリビングの広い間取りが人気でしたが、今回の調査では、ワークスペースのあるタイプも検討したいという人が増加しました。共用部にも個室のワークスペースが欲しいという声が多く、仕事や会議に集中できるスペースは今後ますます必要になってくると予想されます。