はじめに

「子どもの教育費いったいいくらお金がかかる?」子育て世帯にとって気になるお金のひとつが教育費であり、大きなお金です。実際のところ、子ども1人を高校・大学を卒業させるまで、一体いくらかかるのでしょうか? また、高所得の子育て世帯は高校の授業料が平均より多くかかる可能性が大ですので、注意点も合わせて紹介します。


子どもの教育費、進路によってどれだけ変わる?

教育費はいくらかかるのでしょうか?結論をお伝えすると、子どもにかける教育費は「ご家庭によって全く違います」。理由は進路と子どもの人数・進路・ご家庭の所得によって大きく変わるからです。

まずは文部科学省の教育費調査の結果を元に、進路によってどのぐらい教育費が変わってくるかを紹介します。

子どもの教育費はこの表からわかるように、小学校から大学までオール国公立ではトータル約720万円、高校から私立で大学は私立文系の場合は約1,030万円かかります。この差は大きいですね。

また、進路以外にも、世帯の所得によっても教育費が変わってきます。これは「高校実質無償化」といわれる国と各都道府県の制度になります。共働きなど高所得世帯だからこそ注意しておきたい高校の授業料についても触れていきます。