はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、28歳、会社員の女性。結婚後の生活を考えたとき、車が必要になるため、車購入の費用を貯めたいという相談者。大きな買い物の際の上手なお金の貯め方は? FPの三澤恭子氏がお答えします。

車のための貯蓄はどのくらいにするべきですか。車を購入するために貯蓄したいため、他の貯蓄とのバランスをどのようにすればいいのか教えていただきたいです。

貯蓄は月々普通預金4万円、定期預金1万円、iDeCo1万の合計6万円です。2020年12月からつみたてNISAを月々2万円で開始し、こちらはボーナスの貯蓄分以外の分からあてています。つみたてNISAは今後限度額まで積み立て額を引き上げたいと考えています。

今お付き合いしている方と2年後くらいに結婚する予定ですが、出産など考えると車が欲しいです。彼は車を持ちたくない考えの方なので、購入するとしたら自分でお金を貯めてからかなと思っています。

今は一人暮らしで通勤も電車なので、車は不要ですが、5年以内くらいで購入したいと考えています。車のローンは組みたくないので車にあてる貯蓄を今の貯蓄とどのようなバランスで増やしていけばいいのか教えていただきたいです。今はカーシェアリングで月々1,000円ほどの支払いで、独身の間しばらくはそれでいいかなと思ってます。住宅ローンについては、投資用に購入した物件で、月々1万2,500円の支払いです。

【相談者プロフィール】
・女性、28歳、会社員、独身(2年後くらいに結婚予定)
・同居家族について:一人暮らし
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:25万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:19万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万2,000円
・食費:2万5,000円
・水道光熱費:1万円
・通信費:8,300円
・車両費:1,000円
・お小遣い:3万円
・その他:8万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:6万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
・現在の貯蓄総額:230万円
・現在の投資総額:15万円
・現在の負債総額:2,100万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ