はじめに

旬の食材を使って、子供も大人も大好き「つくね串」はどうでしょう。

挽き肉だけではどうしても固くなってしまうので、豆腐を加えてふわふわ食感にしました。ふわふわだと焼くときに崩れるのでは…?ご安心ください、あるひと手間を加える事で、ふわふわのつくねも崩さずに焼くことができます。串に刺さずにそのままお皿に盛って夕飯のメイン料理に出しても喜ばれること間違いなしです。


「豆腐つくね串」材料(15個分)

材料 分量
鶏もも挽き肉 300g
絹豆腐 200g
筍(水煮) 100g
グリーンピース 8莢
1個
★塩胡椒 適量
★酒 大さじ1/2
★醤油 大さじ1/2
★生姜すりおろし 大さじ1/2

<タレ>

材料 分量
☆醤油 大さじ3
☆砂糖 大さじ2
☆酒 大さじ1
☆白だし 大さじ1/2
☆水 50ml
アスパラガス、長ネギ等 お好みで

準備しておくこと

・豆腐はクッキングシートに包み適当なおもしをのせ水気を切っておく。
・グリーンピースは莢のまま茹でてから豆を取り出す。
・筍(水煮)はさっと湯通しして水気を拭き取り、粗みじんにしておく。(アスパラガスを使う場合は下茹でしておく。)

『豆腐つくね串』作り方

1. ボールに鶏挽き肉、水気を切った豆腐、卵、★印の調味料を入れ手でよく捏ねる。(崩れにくいつくねにする為、よく捏ねて下さい。)グリーンピース、カットした筍を入れ、さらによく捏ねる。スプーンや手で丸め団子状にし、ラップをして冷蔵庫で30分程休ませる。

2. 鍋にたっぷり湯を沸かし、1のつくねを形を整えながら静かに入れ2~3分茹でる。(中心まで火を通す。)

3. フライパンに☆印の調味料を入れ混ぜ合わせておく。茹であがった2のつくねを入れてから火をつけ、落とし蓋をして中火で煮る。煮汁が半分になったらつくねをひっくり返す。煮汁が完全になくなるまで煮詰める。(焦げないようつくねを菜箸で動かしながら)

4. アスパラガス(下茹で済)、長ネギをカットし焼き目がつくまでこんがり焼く。

5. つくねの粗熱がとれたら串に刺し、お好みでアスパラガス、長ネギも刺して完成。

「豆腐つくね串」を美味しく作るポイント

・生のまま焼くと崩れてしまうつくねが一度茹でることによって固まり、綺麗に焼くことができます。
・つくねはタレがなくなるまで煮詰めて下さい。煮詰めることによって綺麗に照りがつきます。

レシピ/ akari
浦和「kurasu_life料理教室」主宰。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。中国在住経験がある為、中国料理・アジアン料理も好きです。Instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

(この記事はケノコトからの転載です)

この記事は参考になりましたか?