はじめに

目指すは自分の家の全てのアイテムの在庫数を決めること

筆者の講演やセミナーで「家にボールペンが何本あるか把握している人いますか?」という質問をし、「把握している」と答えたかたは未だに一人もいません。ボールペンは極論を言ってしまえば、一家に一本で足ります。そうは言っても利便性を考えて使う部屋がいくつかある場合はその数くらいはあっても良いでしょう。

しかし現状は引き出しに何本も入っていて把握できず、コンビニで良さそうなボールペンを見かけたら買ってしまうのです。家にあるボールペンの数を把握していれば「必要ないな」と思い、無駄に買ってしまう行動を止めることができます。

ボールペンの数を把握するというのは、かなり細かい極端な例として使っていますが、目指すところは自分の家の収納にあわせて、アイテムごとに所有する個数を決めてモノを減らすことになります。このような暮らしになれば、「買う」という行動に慎重になり好きなモノばかりに囲まれた生活になっていきます。

また収納にしっかり収まっている家は掃除がラクにもなるので、結果的に時間の節約にもつながるのです。アイテムごとに個数を決めて管理していくというのは最初は大変な作業ですが、一度やってしまえばあとはモノが増えない生活になります。ぜひ試してみてください。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。